YOU‐BLOG【travel/money/gourmet/childcare in JAPAN】

子連れ旅行で役立つ情報や遊び場を中心に、グルメ・マネー情報もお届け♪ お仕事については「お問い合わせ」からお願いします♪

子連れ比較①【ディズニーリゾート VS ユニバ(USJ)】~大人も楽しむアトラクション編~

ご閲覧ありがとうございます。ponyokichyです♪

ここ数年、我が家で旅行ブームが突如始まり(Gotoトラベルきっかけで、キャンペーンが終了後も我が家のブームだけ続きました・・)、現4歳の我が子連れで、全国のテーマパークやリゾート地を巡ってきました♪

 

その中で、ジャンルに絞って比較できれば、より子連れ旅行の参考になるかと思い、整理したいと思います。

まずは、第一弾! 日本を代表するテーマパーク、【ディズニーリゾートとユニバ(USJ)では、子連れにとってどちらがおすすめか?】について、アトラクションやキャラクターグリーティングなどそれぞれの視点で、僕の独断と偏見に基づきジャッジしたいと思います! 

ディズニーとユニバを比較するイメージ絵です。

どちらも5回以上遊びに行っており、両パークとも大好きです♪ そのため、ひいきなし! フラットな感情で定性的に比較したいと思います!!

(広さや料金、歴史、運営時間などの比較はしていません。)

*)どちらのパークも我が子が3歳の時に遊びにいったこと、両パークとも人数制限下であったことから、ある程度比較する際の条件はそろっていると思います。

CHECK ! 子連れテーマパーク旅行者の方! 本記事では、以下の点がわかります♪
・ディズニーリゾートとユニバではどちらが子連れで楽しめるか?について、アトラクション視点で比較した結果と根拠。

<本記事の目次>

それぞれのパークの楽しみ方について、別記事でご紹介しております♪ ご興味あればチェックしてみてください♪

<ディズニー編>

<ユニバ編>

<比較編>

 

 

<2大テーマパーク>

まずは、比較対象の日本を代表する2大テーマパークについて、おさらいです♪(今回、歴史や規模・料金などの視点では比較しません。どっちも高い・・・。規模でかい・・・。 あくまで実体験をもとにした独自視点での比較です^^;)

ディズニーリゾート(ディズニーランド+ディズニーシーが対象)

ディズニーリゾートは、ディズニーのキャラクターや物語をモチーフにしており、ディズニーランドとディズニーシーの2つのテーマパークがあります♪ 

なんといっても、ディズニーリゾートは一貫した世界観だと思います!

我が子いわく、全体通して「ミッキーのおうち」。3歳児がこう感じるくらい世界観が伝わっています。もちろん近年のディズニーキャラや新エリアも登場していますが、基本的には全世代で楽しむことができるようになっています。

ディズニーリゾートにあるミッキーのお花畑

ユニバーサルスタジオジャパン(ユニバ、USJ

ユニバは、ハリウッド映画やアニメとのコラボなど、特定のテーマだけでないキャラクターと出会えるテーマパークです。アトラクションの視点ではハリウッドドリームザライドやフライングダイナソーなどの絶叫系も充実していたり、季節によってアニメとのコラボがあったりとトレンドに敏感な若者向け!という印象でしょうか。

 

<Round① キッズ・アトラクション編>

まず、キッズ向けアトラクションについて比較します♪ 両パークとも、アトラクションは充実しており、子連れでもそうでなくても十分に楽しめますよね! キッズ視点で(どっちの乗り物が楽しいとかではなく)、実体験をもとに楽しみやすいのはどちらか述べたいと思います♪

ディズニーリゾート ~キッズ・アトラクション編~

ディズニー全体として激しいアトラクションは少ない印象(タワーオブテラーくらい?)で、幼児が楽しむことができるアトラクションは沢山ありますよね♪ 

*)ビッグサンダーマウンテンは子供のころ刺激的で楽しかったですが、今はそこまでスリリングではないなぁと自身の進化(慣れ?)を実感しますw

 

良い点① 好きなアトラクションが何個も見つかる♪

我が子は、ベイマックスやニモ、ハニーハントを気に入ったみたいで、楽しそうに乗っていました♪ イッツアスモールワールドもリニューアルしてから初めて行きましたが、楽しい雰囲気で我が子も安心して人形を見ていました。

 

良い点② トゥーンタウン

ディズニーにはキッズ向けエリアとしては、トゥーンタウンがあります。ミッキーの家やキャラクターとの写真がとれるスポットや街中の可愛いフォトスポットも沢山。思い出に残る写真が撮れること間違いなし!

トゥーンタウンのフォトスポット:ダンベル

トゥーンタウンのフォトスポット:扉

*幼児のコスプレで、より一層世界観が高まると思いました♪

同じものではないですが、ご参考まで

 

良い点③:世界観

映画の世界観を体験できるのがディズニーの醍醐味ですが、その一方で雰囲気がありすぎて我が子には刺激が強かったと思う点が多々ありました。アトラクションに乗るまでに気分を高めるための演出なのですが・・・。

 

懸念点①:世界観(薄暗い雰囲気)

ちなみに、我が子は、アラジンのうす暗い雰囲気+蛇の登場にやられてしまい号泣(><)、1時間並んだのに僕たちも泣く泣く退場することにしました。

また美女と野獣でも城に入るなり雰囲気にやられ、「怖い~」と泣きだしました。

並んでいる途中で、画面を見る機会があり、野獣がでてくるシーンがあります(多少びっくりする)。ここはスタッフさんが気をきかせてくれて僕たちは見ずに通過させてくれました♪ とはいえ、アトラクションに乗っているときも泣き止まず・・・。

 

懸念② キッズアトラクション配置

キッズの楽しむことができるアトラクションがパーク全体に配置されているので、移動距離が半端ないこと。2日でランド&シーを周りましたが、めちゃくちゃ疲労がたまりました。 3歳で普段は昼寝しない我が子ですが、はしゃぎ&歩き疲れて途中で寝てしまったので、ベビーカーを持っていって正解でした。

ユニバ ~キッズ・アトラクション編~

一方、USJはどうでしょうか。

良い点① キッズアトラクションの集合:ユニバーサルワンダーランド

ユニバには、上記のキッズアトラクションが集まったエリアがあり、ここに行けば間違いなし!

比較的入口からも近く、何かあっても戻りやすい位置であり(後ほど説明しますが、これがキャラクターグリーティングにも効いてきます!)安心です。

ミニオンパークとは多少距離がありますが、ほぼ直線的な移動で迷う心配もない。

 

良い点② ユニバーサルワンダーランドの雰囲気

ディズニーの方で述べた雰囲気にのまれる問題も、ワンダーランドではプラスに働きます♪ というのも主に屋外でエリア全体の雰囲気を感じ取ることができます♪ また、並ぶ際にもアトラクション自体が見えている、どれくらい並んでいるのかもわかりやすいので、あと〇人待てば遊べるよ!って声かけしやすいです。

また、比較的列の短いアトラクションはあれか!っとわかりやすいので、効率的にすいているアトラクションを探して遊んでいました♪ 我が子は、エルモのスケボーやリトルドライブを気に入ってました♪

ユニバ、エルモのリトルドライブ

*ちなみにユニバではティムコーデ(ミニオンのボブが持ち歩いているクマさんです♪)

 

懸念点① ユニバーサルワンダーランドに偏り傾向

幼児にとって、ユニバーサルワンダーランドで十分事足りることから、他のエリアに行こうとしなくなること(個人差はありますが)かなぁと思います。逆にフライングダイナソー付近では、アトラクションというよりお散歩状態でした。

<キッズ・アトラクション編 勝者:ユニバ!>

我が子に、ディズニーとユニバ、どちらが楽しかった?と聞くと「どっちも!!」と元気に答えてくれ、甲乙つけがたいのですが・・・。僕の独断と偏見で、アトラクションの数や周りやすさの観点から、勝者は・・・

ユニバ(USJ)かな!

<Round② 大人・アトラクション編>

次に大人が楽しむ番です♪ 両パークとも、どのアトラクションもクオリティが高く、世界観を体験することができますよね♪ 

ここでは、単純にアトラクションの好みの問題(絶叫系が好き~嫌いとか)での比較はしません!^^ あくまでどちらのパークが子連れの大人がパークを楽しみやすいか?という視点で、便利な制度を含めた比較をしていきます。

では何で比較するのか? それは、大人がアトラクションを楽しんでいるときの子供の過ごし方の違いです! どういうことかというと、大人が乗りたいアトラクションで、お子さんは身長制限などで乗車NGの場合、乗ることを諦めたりしていませんか? 

両パークには、そんな時に役立つ制度「チャイルドスイッチ」があります。 しかし、一部内容に違いがありますので、子連れ3人での来園を想定して過ごし方の違いをシミュレーションしてみましょう♪

ディズニーリゾート ~大人・アトラクション編~

ディズニーリゾートでのチャイルドスイッチ制度の使い方は、

①アトラクションに並ぶときのキャストへの声かけから始まります。

 「チャイルドスイッチでお願いします!」と声をかければいいだけ。(+入場パスの掲示が必要です)

②先に楽しむ人が列に並び、もう一人+子供は別行動になります。

③先にアトラクションを楽しんだ人がアトラクションから出てきたら、もう一人と交代♪ 

④交代した人はキャストにチャイルドスイッチの申告をすれば、裏ルート(?、ファストパス的なのより早い!?)から案内してもらえて、すぐにアトラクションに乗ることができます♪

 

ここでのポイントは、②です! 残った1人+子供は別行動可能♪

僕たちの場合は、ちょうどパレード時だったので子供とパレード見ながら待ち時間をすごしたり、グルメの下見にいったりとお散歩して過ごしていました♪

ユニバ ~大人・アトラクション編~

対するユニバにもチャイルドスイッチ制度はあります。しかしながら、上記②に違いがあります。ユニバは、全員で並ぶ必要がある、または近くの別室で待機になります OMG!

ハリーポッターでは、乗車直前まで一緒に並び、子供ペアはすぐ隣の控室で待機、一人が終わったら交代する形式でした。

 

一人で並ぶのは寂しいという方は、みんなで待てるので良いのかもしれないですが、僕たちは効率重視のため、なかなかしんどい。 活発な我が子と〇〇時間並ぶのはきついよ~! といいたくなる。 そのため、待ち時間用に本やおもちゃはあったほうが無難です!(まぁ、テーマパーク=待ち時間長いので、時間つぶしのおもちゃ等持っていかれるかと思いますが)

<大人・アトラクション編 勝者:ディズニー!>

大人にとって魅力的なアトラクションは両パークとも充実しており、それらのクオリティ比較なんて、とてもじゃないですができないです。そのため、大人が楽しむための時間でキッズがより楽しめるのはどちらか?という視点で比べた結果、

勝者は・・・ディズニー!!

キッズと別のところにいって楽しむことができることや、1人がアトラクションに並んでいる間にポップコーンに並ぶこともできます。

*)個人的に、子供にポップコーンは必須だと思っていますw エリアによってポップコーンの味が違ったりするのも楽しみの一つですよね♪

まとめ

ディズニー VS ユニバ、キッズアトラクション編はいかがでしたでしょうか?

どちらのテーマパークもキッズ&大人にとっても魅力満載♪ もちろん、アトラクションだけの比較では本当のパークの魅力を十分に伝えきれないことは承知しております(><。 

様々なところにキッズの配慮もされており、キャストとの触れ合いやキャラクターとの対面(触れられなかったけど)なども含め、上記では表現しきれない楽しみも沢山あります♪ 子供たちに楽しい思い出を沢山お届けできればいいですね♪

 

今後、その他の視点として、キャラクターグリーティング編やグルメ編なども比較できればと思います♪

 

PS. 今回2大テーマパークを題材としましたが、キャラクターや雰囲気よりもアトラクションや~!!という方にはナガスパもおすすめです♪ シンプルなアトラクションで数も豊富。遊び場もあります♪ 何より上記2テーマパークと比べて待ち時間が全然違う。 ご興味ある方は、こちらもご覧ください♪

 

応援いただけると励みになります♪

にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
にほんブログ村